ご自分で耐震診断が必要かおおよそチェックしてみましょう

耐震診断を考える4つのチェックポイント

チェック1
 1981年(昭和56年)6月以前に建築した建物であるかそうでないかを調べること!
 この年以降(現在の)建築基準法は、震度6以上の大地震に対してたとえ建物が大きな被害を
 受けても最低限、住民の人命を守ることを考慮して建築基準法が改正されました。

チェック2
 目で見て外観の壁や基礎など内部の柱・梁・壁などにはっきりとしたキレツや傷みがある。

チェック3
 泥炭地・軟弱地盤・埋め立て地などで地盤が悪い。

チェック4
 建物が建っている地域の地域別地震係数(Z)が0.9または1.0である。
  地域係数:Z その地方における過去の地震の記録に基ずく震害の程度、及び
         地震活動の状況その他、地震の性状に応じて国土交通大臣が、
         1.0〜0.7までの範囲内で定めた各地域の数値。
         (数値が大きいほど地震の被害の危険度が大きくなります)
         各市町村別の数値はこちらを参照下さい。
           住宅サポート建築研究所 http://www.house-support.net/

 このチェックが
   1か所→2箇所→3箇所→4箇所
 「箇所数が多くなるほど早急に耐震診断を行ってください」